ミンキークルーズ オーストラリア

ミンキークルーズ Minke

ミンキークルーズとは?

クジラスイムとダイビング!

楽しみ方2パターン
世界最大のサンゴ礁を誇るミンキークルーズは、 1981年に世界遺産に登録された。
そんなミンキークルーズの海で、夏の間に 出会うことができるのがドワーフミンククジラ(通称&以下:ミンキー)。
例年6月中旬~8月に出会えるということで注目を集めている。
体長は5~6mぐらいのものがほとんどで、小型のクジラに属する。
優しげな表情に、丸みを帯びた体はなんとも癒し系。

ダイビングクルーズ
ミンキークルーズをたっぷり潜りたい!そんな人にはダイビングクルーズがオススメ。
ミンキークルーズを代表するポイントをぐるりと回ることができる。
ジャイアントポ テトコッドやグレーリーシャーク、ナポレオンなどが次々と現れる。
運が良ければ、ミンキーとの遭遇も夢ではなく「いいとこどり」トリップ。
また、ダイブクルーズように特別設計されたTAKA号は使い心地も抜群。
ダイビングに集中できるのもTAKA号の魅力!

※現在こちらのツアーは休止しております。

ミンキークルーズ ツアー情報

ダイビング情報

ミンキークルーズ・注目ダイビングポイント
せっかくのミンキークルーズ、ダイビングも楽しみたい!という方にはダイビングクルーズをチョイス。
ミンキークルーズのメインポイントをぐるりと回ることができる。
ジャイアントポテトコッド(カスリハタ) やナポレオンフィッシュが常駐の「コッドホール」や、何千ものハナダイの群れが 圧巻の「スティーブボミー」、1000mを超えるドロップオフを持ち、 サメが目の前に迫ってくる「ノースホーン」などなど、見ごたえたっぷり、潜り倒し!

ルール
◆ミンキースイムをするにあたってのルール◆
・クジラの30m以内に近づかない(クジラから近寄ってきた場合は違反とはならない)。
・クジラに体が触れてはいけない。
・水中ではなるべく鎖やバー、ロープにつかまる。
・体を水平にして、海面に対して水平を保つ。
・ストロボを使用しない。

基本情報

トラベルメモ
国名 オーストラリア連邦
首都 キャンベラ
最寄の空港 ケアンズ国際空港
ビザ ETA(電子入国許可システム)でのビザ申請が必要。
時差 日本+1時間
気候 気候は大きく4~11月の乾季と12~3月の雨季に分かれる。ベストシーズンは比較的雨の少ない10~12月初旬。
平均気温 乾季:25℃前後
雨季:28℃前後
平均水温 乾季:23~25℃
雨季:23~29℃
適正スーツ 乾季:5㎜
雨季:3㎜
透明度 ☆☆
言語 英語
電圧 220/240ボルト、50ヘルツ。プラグはOタイプ。
通貨 1オーストラリア$=82円(2021年12月現在)
両替 日本円からオーストラリアドルへの両替は、日本でもできるがレートはよくない。オーストラリアでは、空港や市内の銀行、両替所、主要ホテル、一部の免税店、「スターシティ」といったカジノで両替が可能。
チップ チップを渡す習慣はないとされているが、シドニーやメルボルンなど都市部の高級なホテルやレストランなどでは、特別なサービスを受けたと感じたときにチップを渡すのが一般的。
その他 ケアンズはオーストラリア大陸北東岸、ヨーク岬半島の付け根付近に広がる珊瑚海に面する港湾都市。背後にグレートディヴァイディング山脈が控えている。ファー・ノース・クイーンズランド地方の中心都市。

補足
MAP

2022年5月 人気エリア ランキング

We スタッフ一押し!エリア

ラパス
ラパス
グアダルーペ
グアダルーペ
ラヨーン
ラヨーン
アイランドサファリロイヤル号
アイランドサファリロイヤル号
ガラパゴス諸島
ガラパゴス諸島
モアルボアル
モアルボアル