ココ島 中南米

ココ島 Coco Island

コスタリカ・ココ島ってどんな所?

世界中のダイバーが目指す聖地
コスタリカ共和国の本土から南西約500㎞離れた場所にあるココ島(別名ココス島)。
約250万年前の火山活動の地殻変動で形成されたこの島は、複雑な地形で、岩場や滝などがあり陸でも海でも多種多様な生物が生息する。
最高点は、海抜634m。年間の降水量は7,000mmと豊かな水量を擁し、動植物の固有種も多く見られる。
1997年には、ユネスコの世界自然遺産に登録された。
また海洋学者のジャック・クストー『世界で最も美しい島』と評していることでも有名。

チェックダイブから大物三昧
ネムリブカ、ハンマーヘッドの群れ、イルカ、マンタ、マーブルレイ、バショウカジキなどを常時見ることがき、さらにジンベエザメにも出会えることも。
ほかにもマグロの大群やシルキーシャーク、クロトガリザメ、ツマジロ、カジキ、深海魚など、驚きの海中世界が広がる。また、不思議な風貌のレッドリップ・バットフィッシュを含む少なくとも27種の固有種が生息
シングルダイバーも安心して参加可能。

水中写真家 鍵井靖章のココ島 はこちらから ≫

水中カメラマン鍵井靖章のおすすめポイント

どんなところ?
コスタリカ沖の位置する孤島。クルーズで約34時間の旅。切り立った緑の崖には幾筋もの滝が見える島で、映画「ジュラシックパーク」の冒頭で使用されたシーンが撮影された。
ココに注目
ビッグポイント「アルシアオン」では、天の川のようなハンマーヘッドシャークの群れに会える。他にもマダラエイ、キハダマグロの群れ、シルキーシャーク、ジンベイザメなどにも会える。
こう遊べ
ナイトロックスを使え!ダイビングスタイルは、毎日4本で、午前中に2本、午後2本となる。ダイブタイムは60分で、最大深度は40m。平均水深が深いので、ナイトロックスが必須!
ポイント
ポイントはマニュエリータ・コーラルガーデン。目的は、ホワイトチップシャーク(ネムリブカ)の捕食シーン。集まってくるネムリブカの数が50匹以上!

ココ島 ツアー情報

ダイビング情報

大物三昧の海
コスタリカの本土プランタルナス港から約35時間の移動の末に到着するココ島でのダイビングは、ドリフトダイビングが主流
火山島であるココ島は岩場洞窟など複雑な地形になっており、多種多様な生物が生息する。
水温は24~30℃!
ただし、サーモクラインが発生すると、10℃前後に落ちることもあるので5mmのフルレングスのウェットにフード、手袋、ブーツなどを用意すると良い。
また20m前後の中層を泳ぐので、ナイトロックスが必要


ダイビングクルーズ
クルーズ紹介
アンダーシーハンターグループが手掛ける最新のクルーズ船、アルゴ号をはじめアグレッサーシリーズも手配可能。
アンダーシーハンターのアルゴ号、シーハンター号、アンダーシーハンター号、アグレッサーのオケアノスアグレッサー号、オケアノスアグレッサーⅡ号の計4クルーズが手配可能!!!
 

基本情報

トラベルメモ
国名 コスタリカ共和国
首都 サンホセ
最寄の空港 ファン・サンタマリーア国際空港
ビザ 90日以内の観光滞在は不要。パスポートの残存期間は6ヶ月以上が必要。
時差 日本-15時間
日本が正午の時21時
気候 コスタリカは北緯8~11度に位置し、地理的には熱帯に属しているが、気候は特異な地形の影響を受け変化に富む。
首都サンホセは標高1150mに有り、年間平均気温が22.5℃という常春の快適な気候。
雨期:5月~11月
乾期:12月~4月
※雨期には1日1回1時間ほどスコールが降る。
平均気温 24~28℃
平均水温 23~28℃
適正スーツ 5mmウェットスーツ
透明度 乾季:☆☆☆
雨季:☆☆
言語 公用語は、スペイン語。ホテルなどの観光地では、英語。
電圧 110ボルト、60ヘルツ。プラグは日本と同じAタイプ。
通貨 1コスタリカコロン=約0.18円(2021年12月現在)
両替 日本円からの両替は国際空港内の銀行のみ。レートが悪いのでおすすめしない。$からの換金が一般的。
チップ 払う習慣あり。ホテルや空港でのポーター、ホテルの枕銭に約$1。ツアーに参加した場合、ガイド、運転手に$3-5程度。レストランではサービス税が含まれていない場合は、約10%必要だが、含まれている場合がほとんど。
その他 ネムリブカ、ハンマーヘッドの群れ、イルカ、マンタ、マーブルレイ、ウツボ、バショウカジキなどを常時見ることができ、さらにジンベイザメに出会うこともある。ほかにもマグロの大群やシルキーシャーク、クロトガリザメ、ツマジロ、カジキ、深海魚、アオウミガメ、タコなど、毎回のダイビングで出会える。ココ島の海には、レッドリップ・バットフィッシュを含む少なくとも27種の固有種が生息している。

行き方
行き
日本 夜、羽田集合、日付を越えデルタ航空にて夜中にロスに向け出発
ロス 同日乗り継ぎでサンホセへ
サンホセ 無料シャトルバスにて指定ホテルへ
ホテルにてダイビングクルーズの送迎車がお迎えに来ております。
夕方、ココ島へ向け出航
約32~35時間の船旅
ココ島
帰り
ココ島 サンホセ港に向け帰港
約32~35時間
午前中にクルーズ下船。
送迎車にてホテルへ
サンホセホテル1泊 翌朝、空港へ
サンホセ空港 デルタ航空にてロスへ出発
ロス 同日乗り継ぎにて羽田へ
日本 夜、羽田空港到着

補足
MAP

お客様の声

rate10 rate10 rate10 rate10 rate10
H.N様 – 2018.7.30

ありがとうございました❗とても良い思い出になりました。

rate10 rate10 rate10 rate10 rate00
N.A様 – 2017.3.14

ダイビングは楽しめました!いろいろ配慮してくださり、本当にありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。

rate10 rate10 rate10 rate10 rate00
I.M様 – 2017.2.9

ココ島は、やはり遠かったですが、ハンマーヘッドやホワイトチップが当たり前のように見られる海は素晴らしいものでした

rate10 rate10 rate10 rate10 rate05
S.H様 – 2016.8.15

海は別のグループが見たジンベイザメこそ見られませんでしたが、シュモク鮫をこれでもか、というぐらい見てきました。とてもよかったです

2022年5月 人気エリア ランキング

We スタッフ一押し!エリア

南アフリカ
南アフリカ
ボホール
ボホール
コモド諸島
コモド諸島
バンダシー
バンダシー
龍馬号
龍馬号
ラパス
ラパス