メナド インドネシア

メナド Manado

インドネシア・メナドってどんな所?

メナドは、インドネシアのスラウェシ島最北部にある漁港都市。美人な方が多いことから日本の某化粧品会社がブランド名としてとったという「メナド」。
最北端と言っても北緯1度の熱帯地域に属する。
町の人口は約40万人。
ダイビングを中心とした観光化と共に都市開発が進み、海岸通り沿いには、巨大なショッピングモールが目を引く。

空港から町の中心までは約30分程度。リゾートは空港から約30分~50分程度の場所にある。
市街には、シーフード、中華、インドネシア料理など、日本人にとってリーズナブルな値段で美味しい食事が楽しめるレストランも充実している。
リゾートの食事に飽きたら、現地人スタッフに美味しいレストランを紹介してもらって、食事に出かけるのも良いかも。また、スーパーやデパートでは食品などの買いだめもできる。
ダイビングは海洋公園になっているブナケン国立公園内がメイン。
反対側のレンベでは見られないワイド、魚群が見られる。また、珊瑚も非常に状態が良い。
メナドの開放的なダイビングとレンベのじっくりダイビングを組み合わせる事も可能☆★
☆レンべとの周遊プランもあり!!★

水中写真家 鍵井靖章のメナドはこちらから ≫
水中写真家 中村卓哉のメナド&レンべ はこちらから ≫
 

水中カメラマン鍵井靖章のおすすめポイント

どんなところ?
インドネシア、スラウェシ島の北東部に位置する。水中写真家・鍵井靖章が、マクロ撮影に開眼したダイブエリア。
ココに注目
世界的に有名なウォールダイブのブナケン島周辺。カラフルなソフトコーラルの森が人気のバンカ島。垂涎のマクロポイントであるレンベ海峡にもデイトリップで遠征できる。
こう遊べ
ブナケンとバンカはワイドもマクロも面白いエリア。ガイドさんにレアな生き物を教えてもらいつつ、透明度の高い海で浮遊感も楽しめちゃう!
ポイント
ブナケン島周辺にも素晴らしいポイントが揃っているが、ここは敢えて、 バンカ島の「サハウンⅠ」というポイント。カラフルなオレンジや黄色のソフトコーラルに覆われた大きな根は、まるで美術館のような趣がある。

メナド ツアー情報

ダイビング情報

7つのエリアに大別される メナドのダイビングスポット
メナドのダイビングと言えば、水深1600m台まで落ち込む豪快なドロップオフポイントが点在する、ブナケン島、 メナド・トゥア島周辺でのダイビングが定番のダイブサイトとして知られている。
あまり知られていないが、エリア分けすると6箇所もの様々なバリエーションに富んだダイブエリアに大別することができる。
しかもそのほとんどが、メナド近郊にあるリゾートからデイトリップで行ける距離にある。代表的なブナケン・レンべ海峡・バンガ島周辺の3エリアを紹介。

新型コロナウィルス対策
2020年3月24日時点での情報


ダイビングサービス
オデッシーダイバーズ
◆ダイビングサービスはリゾート内に併設
◆桟橋からブナケンマリンパークの島々までは最短で20分。
◆ダイビングボートにはタオルやソフトドリンク、フルーツ、スナックを常備
◆3艇のボートは全てトイレ付き。
器材の運搬からセッティング、ダイビング後の器材の洗浄・乾燥までスタッフが対応。
◆器材運搬用にお客様専用バスケットを用意しておりますので、メッシュバックは不要。
◆ナイトロックス、テクニカルダイビングにも対応。
◆ダイビングからお戻りの際は冷やしタオルでお出迎え。ナイトダイビング時はホットタオルを用意。
主なスタッフ
メナドでのガイド歴が20年以上のMartinusDjeckyを始め、写真では紹介しきれないほど沢山のガイド、ボートクルー、器材・タンク担当者が精一杯サポート。
2014年9月にはココティノスメナド・ロンボクでダイブガイドとオペレーションマネージャーとして活躍してくれたMiki(森美季)が復帰!
 

グランドルレイリゾート&ダイブ
日本人スタッフがいるダイビングショップで 初心者、フォトグラファーのためのスペシャルガイドを提供。
ガイド1名にゲスト4~5名の少人数制 !
広大なガーデンが美しい、人気のダイブリゾート。
 

ダイビングリゾート
ココティノス・メナド
Cocotinos(ココティノス)のコンセプトは「楽しさを共有できるリゾート」
フレンドリーなスタッフのキメ細かいサービスと和やかな雰囲気は、まるでクルーズ船にいるかのよう。
ダイビング、水中写真など共通の趣味を通してお客様同士が楽しさを共有できる、ココティノスはそんなリゾートステイを提案。

グランドルレイリゾート&ダイブ
1997年にオープンしたグランドルレイリゾート&ダイブ(旧サンティカ・メナド)が、全面的な改修工事を経て2015年6月にリニューアルオープン!これまでと同様に日本人スタッフが常駐

◆◆デラックスルーム(70) ガーデンバンガロー(28) スイートルーム(1)◆◆
全室にテレビ、エアコン、冷蔵庫、温水シャワー、セーフティーボックス、WiFi完備 
 
空港まで車で40分/メナドの街まで車で40分 
毎日16:30にホテルからメナド市街まで無料のシャトルバスあり。(2時間前までに要予約) 
メナドにあるホテルの中で一番ブナケン島に近いです。ボートで10分!
ホテルの敷地内にグランド・ルレイ・リゾート&ダイブあり。 
24時間ルームサービス /ランドリーサービス(有料)

ダイビングムービー
古見きゅう メナド

基本情報

トラベルメモ
国名 インドネシア共和国
首都 ジャカルタ
最寄の空港 メナド空港
ビザ 30日以内の観光目的の場合不要。
時差 日本-1時間
気候 ほぼ赤道直下に位置し、熱帯性気候に属する。12~2月が雨季、3~10月が乾季。
平均気温 27~31℃
平均水温 雨季:26~30℃ 乾季:24~26℃
適正スーツ 3~5mmウェットスーツ
透明度 雨季:☆☆
乾季:☆☆☆
言語 インドネシア語。リゾートでは英語が通じる。
電圧 220ボルト、50ヘルツ。プラグはCタイプ。
通貨 1インドネシアルピア=約1.5円(2021年12月現在)
両替 日本、シンガポール、メナドで可能。
チップ 基本的に習慣はないが、空港のポーターやホテルのベルボーイにはRp2000~5000程度を渡すのがマナー。
その他 インドネシアのほぼ真ん中に浮かぶスラウェシ島。その最北部に位置するメナドを拠点に潜る海では、イキイキしたサンゴ礁とダイナミックなドロップオフを楽しめる。ウミガメとの遭遇率も高く、マクロ生物も豊富。

行き方
行き
日本 出発地は成田・羽田・関空から。
夜~深夜発:約7時間でシンガポールへ
シンガポール 到着後、空港待機 ※別途ラウンジ手配承ります
翌朝、午前発:約3時間半でメナドへ
メナド 到着後、送迎車で約25分移動しリゾートへ
※道路渋滞がある場合は1時間程度かかることもあります
帰り
メナド 送迎車にて空港へ
午後発:約3時間半でシンガポールへ
シンガポール 到着後、空港待機 ※別途ラウンジ手配承ります
深夜発:約7時間で日本各空港へ
日本 朝:成田・羽田・関空着

補足
MAP

お客様の声

rate10 rate10 rate10 rate10 rate00
お客様 – 2019.8.27

今回のメナド、海はありきたりでしたが、グランドルレイは田舎に 一軒だけホテルがあるだけで、周りには、土産物屋もコンビニも何も ない素朴ないい所でした。 治安もいいし、周辺走ってても地元の人たち、とてもフレンドリーでした。 ホテルも古いですが、きれいで従業員もフレンドリーで満足でした。 またダイビングショップの袴田さんには大変お世話になり、 楽しく過ごすことができました。

rate10 rate10 rate10 rate10 rate10
S.H様 – 2019.5.9

ダイビングも宿も、非常に充実していて、楽しい旅行でした。

rate10 rate10 rate10 rate10 rate10
O.N様 – 2019.5.11

お陰様で素敵なGWを過ごせました!メナド旅行を薦めてくださって、ありがとうございました!

rate10 rate10 rate10 rate10 rate10
H.Y様 – 2017.8.25

ホテルも良く、スタッフも親切で海況も変化ありカレントに慣れてくると楽しくとても快適に過ごせました。

rate10 rate10 rate10 rate10 rate10
N.N様 – 2017.8.18

昨年と同様充実した旅行になりました。急な日程等の対応ありがとうございました。

2022年7月 人気エリア ランキング

We スタッフ一押し!エリア

トカラ列島 ・ 硫黄島
トカラ列島 ・ 硫黄島
コモド諸島
コモド諸島
ラヨーン
ラヨーン
キンべ
キンべ
アニラオ
アニラオ
モアルボアル
モアルボアル