YonagunijimaJapan

  • 与那国島 画像1
  • 与那国島 画像2
  • 与那国島 画像3
  • 与那国島 画像4
  • 与那国島 画像5
  • 与那国島 画像6
  • 与那国島 画像7
  • 与那国島 画像8
  • 与那国島 画像9
  • 与那国島 画像10
  • 与那国島 画像11
  • 与那国島 画像12
  • 与那国島 画像13
  • 与那国島 画像14

日本最西端!神秘の海底遺跡 & ハンマーリバーを狙う!

日本最西端、東京からの直線距離は約2,000kmを超え、東京から最も離れた島、与那国島
年に数回晴れて澄んだ日には、
台湾の山々を望むことができる。見れた方はラッキー!

ハンマーヘッドに強く影響する、黒潮に囲まれた絶海の孤島。
大物好きダイバー憧れの地であり、冬場に見られるハンマーヘッドシャークは大人気!
世界中からもたくさんダイバー
が訪れる。
平均透明度30m、平均海水温25℃とダイビングには最高のコンディション。

海底に眠る神秘の海底遺跡は世界的にも有名で、ダイビングやスノーケルで楽しむことができる。また、カジキ漁獲高日本一を誇りゲームフィッシングの聖地でもあり、ダイビング中に見れる事も!

ツアー情報

ダイビング情報

与那国島のダイビング情報

ダイビングの聖地でもある与那国島
平均水深が深く、潮の流れが速い与那国では、ほぼ100%ボートダイブで基本的にはドリフトダイビング。
与那国島の人気ポイントへ行く場合は、基本的に中級以上のレベルが必要。
時には素早い潜降や、ブルーウォーターでの安全停止が必要となる事もあるので、フロートなどのセーフティグッズも持参することをオススメします。
ですが、未だ謎のままの「海底遺跡」は、場所によって初心者の方や体験ダイビングでも楽しめるポイントもあるのでスキルに不安な方でも問題ナシ。ご心配な方はお気軽にご相談下さい。

ダイビングは午前1本、午後1本の1日2ダイブが基本。リクエストで3ダイブも可能。
ダイビングスポットまで近いため、1ダイブごとに港に戻ってショップで水面休息やランチを取ります。ハンマーヘッドや回遊魚、カジキなどが出現しても、追いかけずにガイドに従いましょう!

ダイビングのシーズンは?

黒潮の影響を受ける与那国島の海には四季があり、基本的には1年中楽しむことができる。

春は、イソマグロ、ギンガメアジ、ロウニンアジなどの回遊魚の群れを楽しめ、カジキも見れる事も!夏は、ナポレオンの出没率が高く、クマノミ等のマクロ系生物も充実している。
で・す・が!
与那国島のダイビングといえば冬のハンマーヘッド狙いのダイビングがGOOD。

一般的に沖縄のダイビングベストシーズンは温かい夏ですが、与那国島は12月~2月がベストシーズン。与那国島ならではの「海底遺跡」と「ハンマーヘッドシャーク」は、冬の時期に行きやすいポイント。
12月~2月頃には、100匹以上の大群に遭遇することもあり、ジンベエザメの出現する確率もあがる。
※夏は南風が吹き、海底遺跡のポイントまで行くことができない日もある。

夏の与那国も面白い!

1年中、ギンガメアジやバラクーダなど大物や回遊魚に出会える海。
ハンマーヘッドシャーク狙いのダイビングとは違い、比較的のんびり潜るマクロ天国の与那国島をご堪能あれ。アケボノハゼ、アオマスク、フリソデエビなどなど…
水温も高く、透明度も抜群!冬のハンマーヘッドに向けて、夏の与那国島で準備しておくのもオススメ♪
 

ダイビングサービス

与那国ダイビングサービス

1978年から営業している、与那国で一番歴史のあるダイビングショップ。
ベテランスタッフが揃い、徹底した手厚いサポートで、安心安全なダイビングをお楽しみいただけます。
与那国を代表するビックポイント「西崎」まではボートで約3分という近さ!
船酔いや寒さが苦手な方も心配いりません。

ダイビングリゾート

アイランドホテル与那国

緑が広がるダイナミックな大地と、透き通った青い海に囲まれた、
日本最西端にある唯一のリゾートホテル。

ホテル詳細はこちら

よしまる荘

ダイビングショップ併設のよしまる荘。
様々な用途に合わせた客室、大浴場も備えた、
快適に滞在できることを考えられたアットホームなお宿です。

ホテル詳細はこちら

観光情報

与那国島の祭り

与那国島の伝統的な祭り。
島の生活に根ざしたさまざまな祭りが開催されています。
イベントと合わせて与那国島に訪れてみてはいかがでしょう?

◆ドゥナンスンカニ大会(2月開催、与那国民謡の大会)
◆豊年祭(旧暦6月以降開催 農作物の豊年祈願 大綱引きが行われる)
◆クブラマチリ(旧暦10月以降 異国人・大国人退散の祈願)
◆国際カジキ釣り大会(毎年7月開催)
◆海神祭(旧暦5月4日開催 航海安全・大漁祈願 爬龍舟ハーリー競漕が行われる)

与那国島の観光情報

与那国島には広大な自然と美しい海が広がっており、3つの集落にわかれています。
役場や診療所がある中心集落の「祖納」、フェリーよなくにが停泊する久部良漁港のある「久部良集落」、TVドラマ『Dr.コトー診療所』のロケ地となった「比川集落」に分かれています。

絶景スポットとして、ナーマ浜、六畳ビーチ、馬鼻崎、ティンダハナタ、立神岩。
与那国馬と乗馬、日本で最後に沈む夕日、TVドラマ『Dr.コトー診療所』セットなど、アフターダイビングも満喫できます。

与那国島の特産品

泡盛
琉球王朝時代の伝統製法で作られた泡盛。
与那国と言えば、60度の泡盛「花酒(はなざけ)」が有名。


与那国島の天然塩
与那国の海水からできたうまみがギュッとつまった塩。

与那国織
草木染めによる色合いが美しい与那国織。
 

基本情報

トラベルメモ

気候 与那国島は亜熱帯性気候。
周りは暖かい海に囲まれ温度差も小さい。年間平均気温は東京よりも約7℃も高い。
日差しも強く、湿度も高いが、夏は30~31℃程度までしか上がらない。年間を通して風が強いので、暑さと湿度の割りには、涼しく過ごせる。

亜熱帯特有のスコ-ルがあり、降水量は多い。

梅雨時期は5~6月。梅雨以外では季節の変わり目の10月に雨が多い。
夏には台風も多く通過し注意が必要。
平均気温 大陸の高気圧が影響しているために、沖縄本島よりも暖かい。

1月 17.6℃ / 2月 20.1℃ / 3月 20.0℃ / 4月 21.8℃ / 5月 25.0℃ / 6月 27.5℃
7月 28.8℃ / 8月 28.9℃ / 9月 27.8℃ / 10月 25.4℃ / 11月 25.1℃ / 12月 19.2℃

年間平均 23.8℃
平均水温 1月~3月  21℃~23℃
3月~5月  23℃~25℃
6月~10月  26℃~30℃
11月~12月  25℃~26℃
 
適正スーツ 冬のシーズン   6.5㎜ツーピース、又は5㎜ワンピース+フードベスト
夏のシーズン   3㎜ワンピース
春・秋のシーズン 5㎜ワンピース
透明度 1年を通して透明度が良く、夏の透明度は30m以上と抜群に良い!

行き方

与那国島へのアクセス方法は飛行機とフェリーの2通りあります。
空路で行く場合は、本土からの直行便はなく、那覇または石垣を経由して行くことになります。
羽田早朝発の石垣島での経由便を利用すれば、昼頃に与那国島に到着することも可能。
又は石垣島か沖縄本島で1泊し、次の日の早朝に与那国島へ到着し、午後から2ダイブが主流。

石垣島から「フェリーよなくに」を利用して船でも行くことができます。

2021年5月 Area Ranking

  • 第1位 【玄界灘】神宿る島<沖ノ島>で玄界灘ダイビング♪

  • 第2位 【奄美大島】透明度抜群!のんびり島時間を満喫♬

  • 第3位 東洋のガラパゴスの由来は伊達じゃない!!小笠原で潜ろう!

  • 第4位 【八丈島】驚異の透明度!八丈ブルー!!

  • 第5位 【宮古島】透明度は30mオーバー!!

  • 第6位 【久米島】なんと送迎付き!オールマイティな海を満喫しよう♪

  • 第7位 【西表島】日本一の珊瑚礁を楽しめる海!!

  • 第8位 【渡嘉敷島】透明度抜群!慶良間ブルーの海♡

  • 第9位 【石垣島】国内でラクラク♪ マンタに会い行こう!!

  • 第10位 圧巻の海中世界!【沖永良部】ザトウクジラの海!

We スタッフ一押し!エリア

  • バンダシー

  • サムイ・タオ島

  • パラオ

  • ラパス

  • 下田-ドルフィンダイビング-

  • ロタ

PAGE TOP