渡嘉敷島 日本

渡嘉敷島 TOKASHIKIJIMA

ケラマブルーの青く輝く海で潜る!!

渡嘉敷島の魅力は、「ケラマブルー」と呼ばれる、透明度の高い海。
その海の美しさは「亜熱帯の楽園」とも呼ばれている。
海中はワイド・マクロ共に20以上のダイビングポイントがあり、日本で確認されているサンゴの約6割が生息している渡嘉敷島の海はとても美しい。その海を求めて世界からこの美しい海を求めて多くの人が訪れる。
※慶良間諸島は3月5日(サンゴの日)に31番目の国立公園に認定。

渡嘉敷島は那覇から高速船でわずか35分の
離島ならではのゆったりした雰囲気。日帰りでもリゾートステイでもダイビングを楽しめるのも魅力。
12月~3月には、島の近海にザトウクジラが姿を見せ、ホエールウォッチングも満喫可能!

渡嘉敷島 ツアー情報

ダイビング情報

渡嘉敷島のダイビング情報
島の周りにダイビングポイントが点在しており、ほとんどのポイントがボートで5~20分程と近くて便利。
1本ごとに港へ戻り休憩できるので、船酔いや体力が心配な方も少ない負担で楽しめます。
マクロ、ワイド、地形、癒し系などなど…
バリエーション豊富な渡嘉敷の海では、1日2本では物足りず3本目を付ける人多数!
ポイントごとにガラッと変わる雰囲気をお楽しみください。

ダイビングエリア

ダイビングサービス
Vibgyor(ビブジョー)
カメラ派&フィッシュウォッチング派ダイバーにおすすめの少人数制ショップ
じっくりマクロの被写体を撮りたい、ゆっくりワイドの風景を撮りたい…など、
慶良間の海に精通した専門ガイドが、そんなご要望にお応えします!

島あしび
親切・丁寧がモットーのダイビングショップ。
港が近く、海況により島の西・東側どちらからも出航できるのが魅力♪
女性ならではの細かい対応が好評!!
ダイビングショップ併設の宿も清潔感があり、完備も十分!
 

ダイビングリゾート
とかしくマリンビレッジ
目の前には青い海と白いビーチ
渡嘉敷島の中でも最高級のロケーションを誇るリゾートホテルです。


ホテル詳細はこちら

島あしび
ダイビングショップ島あしび併設の宿。
シャワールームは共同ですが、4つあり、ボディーソープ、シャンプー、リンスが完備されています。

観光情報

阿波連(あはれん)ビーチ
まさにケラマブルーの美しい海を眺めることが出来る、メジャーなビーチ。
周辺に飲食店も多く集まり、ほとんどの観光客が訪れる人気スポット。

渡嘉志久(とかしく)ビーチ
山に囲まれており、高台から見る海はまさに絶景。
展望台が2か所あり、絵画のような光景を満喫できる。
シュノーケリングではウミガメが見れると有名。

トンネル岩
ぽっかりと穴の空いた岩山、通称トンネル岩は人気のフォトスポット。
海の色が濃く見える午前中がおすすめなんだとか。

基本情報

トラベルメモ
最寄の空港 那覇空港
気候 亜熱帯性気候で、年間を通して温暖で、温度差もあまりない過ごしやすい島。
ダイビングも1年を通してお楽しみ頂けるが、ゆっくり過ごしたい方には
ハイシーズンの7~8月を避けた前後や、透明度の高い冬場もおすすめ。
平均気温 年間平均:気温21℃
年間降雨量:2,150㎜
平均水温 06-11月:25~29℃程度
12-05月:21~24℃程度
適正スーツ 05-10月:5㎜ウェットスーツ
07-09月:3㎜でも大丈夫
11-04月:5㎜ウェット+フードベスト
12-03月:ドライスーツがあると便利
透明度 ☆☆☆☆

行き方
 
 
行き
羽田空港 羽田空港発 直行便にて那覇空港へ
那覇空港 那覇空港着
ご自身にて泊港へ
泊港発 フェリーにて渡嘉敷島(渡嘉敷港)へ(約30分)
渡嘉敷港 渡嘉敷港着
送迎車にてホテルへ
帰り
渡嘉敷港 送迎車にて渡嘉敷港へ
渡嘉敷港発 フェリーにて泊港へ
那覇空港 泊港着
ご自身にて那覇空港へ
那覇空港発 直行便にて羽田空港へ
羽田空港 羽田空港着

2022年7月 人気エリア ランキング

We スタッフ一押し!エリア

キンべ
キンべ
ラヨーン
ラヨーン
ロスカボス
ロスカボス
リロアン
リロアン
パラオ
パラオ
ラパス
ラパス