ニューカレドニア ニューカレドニア

ニューカレドニア Noumea

世界遺産に認定された広大なラグーン

2008年7月 世界最大の広大なラグーンが世界遺産に認定
南太平洋に浮かぶニューカレドニアは、島の周りをバリアリーフに囲まれ、ラグーンの面積は約23,400km。世界に類を見ないラグーンの美しさや現在も成長を続けるサンゴ、島の中心部には1000~1600m級の山がある懐の深さなどまさに南太平洋の楽園です。

首都ヌメア
フランス領ということもあり、洗練された街並みでカフェ、ヨットハーバー、ブティック、雑貨店などフランスの香りが漂う街歩きを楽しむことができます。
レストランも多く、旅の醍醐味グルメもバッチリお楽しみ頂けます

ニューカレドニアのおすすめポイント
海もだけでなく、陸も楽しめるのがニューカレドニアの魅力♡
午前中はダイビングでアクティブに、午後は海辺のカフェやバーでのんびりバカンス気分を満喫♪
日本語案内が充実しており、治安が良いので、女性の1人旅でも安心!!
お1人様参加、シングルダイバーも安心してご参加できます!
ダイビングは、なんといってもブラックマンタが有名!通年見ることができ、ダイバーを楽しませてくれています。
未登録のブラックマンタを見つけた場合には、なんと名付け親になることも出来てしまいます!!!
また、美しい砂浜の広がるイルデパンは海の宝石箱といわれ透明度抜群の海をお楽しみ頂けます。

最終日の前日は、ボート利用のオプショナルツアーや、市内観光など、ダイビング以外のイベントも盛り込んでみてください。

水中写真家 古見きゅうのポワンディミエ はこちらから ≫

水中カメラマン鍵井靖章のおすすめポイント

どんなところ?
南太平洋にあるプチフランスの島! メラネシアンとフランスの要素が融合したフランス版の楽園
ココに注目
2008年に、世界遺産に登録された注目の海! ヌメアはブラックマンタとの高い遭遇率ニューカレドニアの固有種。 イルデパンは、幻想的な水中鍾乳洞などなど、見所が各島々に点在しています!
こう遊べ
貿易風の影響で午前中に2ダイブしかできないものの、
その分アフターダイブをのんびり充実させることが可能です♪
ポイント
マンタとブラックマンタの競演はもちろんのこと、隠れたお薦めフォトポイントは、「テパバ」。ここでは、ギンガメアジとバラクーダの大きな群れに会える他、根の上でカメがベラにクリーングされています。それがマッサージを受けている疲れたサラリーマンのようでかわいい(笑)

ニューカレドニア ツアー情報

ダイビング情報

ニューカレドニア ダイビング情報
◇ヌメア◇
世界で第2位の大きさを誇るバリアリーフを持つニューカレドニアの海は、水中生物のサンクチュアリで格好のダイビングポイント。
南半球及びニューカレドニアの固有種や、レアものから超大物まで楽しめるダイブスポットが自然保護区に指定されいるため、ゆったりとした雰囲気のなかフィッシュウォッチングを楽しめます。
大まかに、ダイビングエリアはメトル島周辺スポット、アメデ灯台周辺スポット、ダンベア周辺スポットの3つのエリアとなり、初心者~ベテランダイバーまで楽しめます。


◇イル・デ・パン◇
世界で2番目に大きなバリアリーフを持つニューカレドニア。首都ヌメアから約100km東南東に現地の人々に“クニエ”と呼ばれる島があります。 それがイルデパン。島の四方を囲むラグーンは2008年にユネスコ世界自然遺産に登録されました。
サンゴの隆起により創り出された豪快かつ複雑な地形、色鮮やかなハード&ソフトコーラルが乱れ咲き、南太平洋の固有種たちが舞い踊る、今注目のダイビングディスティネーションです。

新型コロナウィルス対策について
2020年3月24日現在の情報をご案内します。


ダイビングサービス
ABYSS PLONGEE 
ニューカレドニアの水中世界の豊かさと多様性をダイバーの皆様にお伝えします。約20か所のダイビングサイトがあり、カメ、マンタ、サメ、など幅広く観察できます。

KUNIE SCUBA CENTER
開業40年の歴史あるダイブセンター「KUNIE SCUBA CENTER」。
KUNIEとは現地の言葉で「海の宝石箱」という意味です。ユネスコ世界自然遺産に登録されたラグーンを40年間見守り続けてきた伝統ある島唯一 のお店です。
フランス人と現地メラニシア人が協力し合い、イルデパンの海の素晴らしさを紹介いたします。機動力のある2艇のダイビング専用ゾディアック(ゴムボート)を使用してダイビングポイントまでご案内いたします。

ダイビングリゾート
ホテル情報(ヌメア)
南太平洋の中でも特に西洋化が進んでいる街、ヌメア。
ニューカレドニアの中心地として栄えており、コロニアル建築やヨットハーバーは、プチ・フランスと呼ぶにふさわしい雰囲気を醸し出しています。

ホテル情報(イル・デ・パン)
ニューカレドニア本島から、国内線で30分ほどの離島。
真っ白なビーチや無人島へのオプショナルツアー、天然プール(ピッシンヌナチュレル)などヌメアとはヌメアとはまた一味違った楽しみ方が出来ます。

ダイビングムービー
イルデパン水中ムービー★
 

イルデパンの水中ムービーを作成しました。 撮影者はKUNIE SCUBA CENTERのスタッフです。

KUNIE SCUBA CENTERさんの投稿 2015年9月14日月曜日

観光情報

レストラン
ニューカレドニアの主なレストランには日本語のメニューもあるため安心してお食事が楽しめます。

観光スポット
ニューカレドニアは治安も良く、主な場所には海岸沿いを歩いて行けるため、散歩がてら徒歩での移動がおすすめ。ヌメア市内へ向かうときは、やや距離があるため、バスの方が一般的です。(運行時間はAM5:00-PM19:00頃まで)

基本情報

トラベルメモ
国名 フランス領ニューカレドニア
首都 ヌメア
最寄の空港 ヌメア・トントゥータ国際空港
ビザ 3ヶ月以内の観光であれば不要。ただし、パスポートの有効期限は滞在日数プラス3ヶ月あることが必要です。
時差 日本+2時間
気候 年間を通して、さわやかな夏のような亜熱帯の海洋性気候で平均気温24℃。
 南半球にあるため日本とは逆の季節でめぐり、1~2月が真夏。 7~8月が冬にあたる。しかし7月でも平均気温は20℃ぐらい。
 朝、夕は多少冷えるものの、晴れた日中は夏服で十分。 2~4月が比較的雨の多い時期で、9~11月が乾期。
平均気温 12月~4月/25~32℃
5月・10~11月/20~27℃
6月~9月/16~24℃
平均水温
  水温   水温
1月 27 7月 23
2月 27 8月 22
3月 28 9月 23
4月 27 10月 23
5月 25 11月 24
6月 24 12月 26
適正スーツ 3~5㎜ウェットスーツ
透明度 ☆☆☆
言語 公用語はフランス語ですが、ホテル等では英語もかなり通じます。
電圧 220ボルト、50サイクル。プラグはCタイプの2穴丸型式。日本の電化製品で変圧機能の無いものは変圧器無しでは使えません。(プラグと変圧器が必要)
通貨 パシフィック・フラン(CFP)。1CFP = 約1円(2020年4月現在)。
両替 ニューカレドニアで両替できますが、成田空港、関西空港、ともにパシフィック・フランへの両替を行っている銀行・両替所窓口があります。
 一般的に、手数料は500~700パシフィック・フラン前後。ホテルなどでは手数料なしに両替してくれますが、レートは銀行より低いようです。ヌメア以外では両替してくれるところは少ないので、離島に行く人はあらかじめヌメアで両替しておいた方がいいでしょう。

※余ったパシフィック・フランは帰国時にトントゥータ空港で円(もしくは他の国際的に通用する外貨)に戻してもらいます(空港内にあるのは、BCIという銀行の出張所)。現在、日本国内の一部の銀行・両替所でも、パシフィック・フランを扱うようになりましたので、紙幣であれば、日本円への再両替も可能です。
チップ チップの習慣はありません。
その他 ニューカレドニアは、ニューカレドニア島およびロイヤルティ諸島からなるフランスの海外領土。
ニッケルを産出する鉱業の島である一方、リゾート地。
ニューカレドニアの珊瑚礁は世界遺産に登録されています。

行き方
日本からニューカレドニアへは、成田と関空から直行便で約8時間半。エアカラン(エア・カレドニア・インターナショナル航空)が就航しています。
ニューカレドニア本島のグランドテール島に首都ヌメアは位置しています。ニューカレドニアの離島へはヌメアが起点となります。
 
行き
成田・関空 昼頃、成田/関空を出発
ヌメア 国際線で約8時間半。ヌメア着
帰り
ヌメア 夜、空港へ送迎車にて
最終日の深夜に日本へ向かって出発
成田・関空 朝、成田/関空到着

補足
ニューカレドニア国内の移動
ニューカレドニアは、本島だけでなく離島も面白い!
各離島には、船もしくは国内線にて移動が可能です。
あたなもお気にいりの島を見つけてみては?

MAP

お客様の声

rate10 rate10 rate10 rate10 rate00
お客様 – 2020.1.6

ウベア島ツアーは風が強くドローンを飛ばすことが出来ず、残念でしたが とてもきれいな海の色、景色、現地民の笑顔が見られてととても充実した1日を過ごせました。

rate10 rate10 rate10 rate10 rate00
T.R様 – 2019.9.12

お陰様で良い旅ができました!お陰様で良い旅ができました!

rate10 rate10 rate10 rate10 rate10
N.Y様 – 2019.5.9

この度は大変お世話になりました。特にトラブルなく日程を終えることが出来ました。

rate10 rate10 rate10 rate10 rate00
I.Y様 – 2019.2.8

お陰様楽しい旅となりました。

rate10 rate10 rate10 rate10 rate00
S.S様 – 2019.12.29

旅行にあたって、予約から手配まで、大変お世話になり、ありがとうございました。

2022年7月 人気エリア ランキング

We スタッフ一押し!エリア

パラオ
パラオ
グアダルーペ
グアダルーペ
バンダシー
バンダシー
下田-ドルフィンダイビング-
下田-ドルフィンダイビング-
トカラ列島 ・ 硫黄島
トカラ列島 ・ 硫黄島
アニラオ
アニラオ