メナド・ミンピ号クルーズの航海日誌2004年②

2009年4月23日(木)

8月9日
 2航海目のクルーズ初日、ゲストをピックアップするために空港へ。
12時半に到着。シルク航空の到着が1時30分。ゲストが出てくるの
が、2時ごろなので、結構な時間がある。文庫本でも持参するべきだっ
たと、ボーッと1時間半。タラサダイビングセンターまで送迎をお願い
している送迎タクシーのおっちゃんと落ち合う。
 彼が持っていたゲストの名前が書かれたボードはタバコのカートン用
の包みを開いたもの。その裏にカタカナでミンピと書き、これを見せて

(さらに…)

メナド・ミンピ号クルーズの航海日誌2004年①

2009年4月23日(木)

8月1日
 成田空港で今回の参加者。山田さん、巌さん、三原っち、直ちゃんと
カウンター近くで出会う。北海道からの参加である(澤田夫妻はシンガ
ポールで)。
 シンガポール空港に到着が夜中の1時、シンガポールで出国審査を行
い、税関のゲートで出て、左端のあるSIAストップオーバー・ホリデ
ィカウンターにツアーヴァウチャーを提示して、送迎車にてホテルへ。
 ホテル到着時間は2時過ぎ。シャワーを浴びて、ベットへ、TVを付
けると、NHKの子供相撲大会がやっていた。朝、ウエイクアップコー
ルで6時20分に起き、6時50分にホテル玄関に集合。送迎車にて空
港へ。
 なんだかんだで送迎車が遅れ、また、もうひとつのホテルのゲストも
ピックアップしたために、結局、空港到着7時50分。しかし、朝早く
、車窓からの「ちょっとしたシンガポール観光」を楽しんだ。それにし
ても町のあまりにも近代的な姿に驚かされる。荷物はメナドまで預けて
いるため、1泊分の手荷物だけ。身軽身軽。空港までの実質の移動時間
は約20分。
 入国審査を受け、空港内へ。空港内の両替所で、インドネシア・ルピ
アとUSドルを交換。USドルはインドネシアの入国ビザ(US25ド
ル)やミンピ号クルーのチップのため。インドネシア・ルピアは帰国時
に空港で支払う、空港税75,000Rpのため、などなど。(クルー
ズ中の飲み物などは、USドル、ルフィア、クレッジトカードでも支払
うことができる。

(さらに…)

メナド・ミンピ号クルーズの航海日誌2004年

2009年4月23日(木)

このスペシャル・ミンピ号クルーズは「フォトツアー」というものでは
なく、メナドの海で一緒に遊びましょう!という趣旨の企画です。私は
1997年に初めてメナドの海で潜って以来、メナドの海に惚れ込み、
これまでに計7回も取材などで訪問しました。メナド海域のダイビング
ポイントのほとんどは潜っていて、日本の水中カメラマンの中でも、メ
ナド事情に精通していると思っております。昨年もこのスペシャルクル
ーズを開催したのですが、私自身、もっとメナドの海が好きになりまし
た。訪れる度に、どんどん好きにさせてくれる素晴らしい海です。これ
までの知識や去年のクルーズ経験などをベースにして、今年もよりパワ
ーアップした「水中写真家・鍵井靖章と行くスペシャル・ミンピ号クルー
ズ」を開催したいと思っております。是非、皆さん参加してください。
※このクルーズは、フォトツアーのようなものではありません。「型に
はめられて自由に潜れない、撮影ができない」と思う人もいるかもしれ
ませんが、基本的にはガイドと自由に潜ることができます。また、写真
を撮りたい方にはアドバイスもしますので気軽に声かけて下さい。
<ツアーのお問い合せ&お申し込みは>
ワールドツアープランナーズまで
URL https://www.wtp.co.jp/
E-Mail info@wtp.co.jp

(さらに…)

2005年 WEB-LUE「ミンピ号特集」

2009年4月23日(木)

2005年 WEB-LUE「ミンピ号特集」(PDF/376KB)
https://www.wtp.co.jp/pdf/manado/weblue-mimpi-01.pdf

2006年11月2日~8日ブナケン・キマバジョ&レンベ・カサワリレポート

2009年4月23日(木)

2006年11月2日~8日ブナケン・キマバジョ&レンベ・カサワリレポート (PDF/376KB)
https://www.wtp.co.jp/pdf/manado/06nov.pdf

タオ島(サムイ)ダイビング 現地最新レポート 2002年6月

2009年4月22日(水)

日 時:6月23日
場 所:タイ・サムイ島(タオ島)
ポイント:グリーンロック
天 候:晴れ時々曇り
風 :南西
波 高:凪
気 温:32℃
水 温:30℃
透明度:(↓)20m
透視度:(→)20m
コメント:
エントリー前、水面に顔を付けるとグリーンロック全景がスコーンと見えている。自然と顔がゆるんでくる、えへへ、、、。
まずはトウアカクマノミへ。現在2匹いついているが、今日も元気にイソギンチャクとたわむれている。
ジーッと見ていると「おやっ?」小さなイソギンチャクカクレエビが触手に見え隠れしていた。
おり重なる岩の割れ目にはジャンズパイプフィッシュ(ヨウジウオ)がいる。ブルーとオレンジの色彩が美しい!
お客様が写真に収めようとするが、動きが速い、、、。ライトを当て姿を追っていると、その奥に小さな小さなジャンズパイプフィッシュが見えてきた。数匹がうろうろしていてとってもかわいい。どこからか視線を感じ、ふと見ると岩の隙間に必死に顔をつけている私達を、ヒトズラハリセンボンが不思議そうに見つめていた。その愛らしいまなざしに思わず微笑み返す私達でした。
サムイダイビングサービス 渡辺 広美


タオ島(サムイ)ダイビング 現地最新レポート 2002年7月

2009年4月22日(水)

日 時:7月19日
場 所:タイ・サムイ島(タオ島)
ポイント:アオ・ルーク
天 候:晴れ
風 :南西
波 高:0m
気 温:30℃
水 温:29.2℃
透明度:(↓)15m
透視度:(→)15m(ナイトなので推定)

コメント:夏期クルーズ中は毎日の停泊地がポイントの上、そのままエントリーすればナイトダイブになってしまうという(しかもエキジットして5分後には暖かいシャワーと食事が待っています)、楽チンなシチュエーションです。潜降後は砂地をウロウロ、普段はサンゴの陰などに隠れているテンジクダイなどが泳ぎ回っています。昼間は地味な体色のミスジアカヒレイシモチなども夜は鮮やかな銀色に光っています。リーフに向かうと、これも昼はサンゴの下にいるブルースポッテッドスティングレイも出てきて食事に一生懸命。
(さらに…)

タオ島(サムイ)ダイビング 現地最新レポート  ■ 2002年8月

2009年4月22日(水)

日 時:8月30日
場 所:タイ・サムイ島(タオ島)
ポイント:セイルロック
天 候:雨のち晴れ
風 :北西
波 高:1,5m
気 温:30℃
水 温:28.7℃
透明度:(↓)25m
透視度:(→)20m
コメント: 先週に続きセイルロック情報です。
先週よりかは、雨の為少し透明度が落ちましたが状態は悪くは有りません。回りの船が少し騒がしいが、気にせずにモーリングからエントリーを開始!!飛び根の先には、ギンガメアジが球状に集まって泳いでいました。ギンガメアジの下には、イエローフィンバラクーダ-(1m~1,5m)が大きな群れでおりました。飛び根の上では、外人さんが何かを待ってるようなふいんきが・・・・・??流れが有ったのでそのまま少し流されると、セイルロック常連のオオクチイケカツオが群れでお出迎えてくれました。

今日のお客様は、このダイビングが100本記念ダイビング(>。<)Y皆さんデジカメや20mmレンズのカメラをお持ちで、セイルロックの魚達を撮影していた時!少し沖の方で激しくタンクの鳴る音が聞こえ始め向かって見るとガッツポーズをした
が外人さんが!その先を見ると・・・黒く大きな物体が向かって来ました。その瞬間水中でジ・ジン
ベイだ~と声を出すともう目の前に体長4~5mのジンベイザメが大きな口を開けての登場!!すかさずポケットからデジカメを取り出し!お客さんと一緒に撮影を開始!!その後5分位私達の周りに居てくれました。お客様には、素晴らしい100本記念をプレゼント出来ました。


(さらに…)

タオ島(サムイ)ダイビング 現地最新レポート  ■ 2002年9月

2009年4月22日(水)

日 時:9月22日
ポイント:チュンポンピナクル
天 候:晴れ
風 :北西
波 高:0.5m
気 温:30℃
水 温:28℃
透明度:(↓)25m
透視度:(→)30m

(さらに…)

タオ島(サムイ)ダイビング 現地最新レポート  ■ 2003年 6月 今年は当たり年の予感!!

2009年4月22日(水)

6月2日付けで現地から届いたじんべえの写真です。



CATEGORY

MONTHLY ARCHIVE

ページ先頭へ