2007年8月5日~9日

2007年8月9日(木)

8/5/07
北マーレ 
風は少し強いけど、上々の天気の中1本目はMaagiri Rock。弱い流れがたくさんエサを運んで来ているのか、今日のガーデンイールは体を思いっきり穴から出してニョロニョロ体を揺すりながら食事中。ヨスジフエダイもぎっちり固まって群れてるし、それを狙ってるのか大きなイソマグロが横切って行く。リーフにはミヤケテグリなんかも発見。明るい白い砂の斜面を上って行くと大きめのモブラが1枚。
南マーレに下って2本目はKudha Giri。まずは沈船に直行。大物見当たらないので、小さくMaldives Triple Finやフタイロカエルウオ見つけて、根の方へ直進。いきなり人より大きいイソマグロと鉢合わせ。根沿いに進めば8匹程カスミアジが通り過ぎて行く。
3本目のMedhu Faruでは環礁の外側に通じるチャネルにジャンプイン。ドリフトするには程よい流れ。ロウニンアジの群れに出会う。群れてると浪人って感じしないけど。

クマザサハナムロなどを狙って壁沿いにロウニンアジの群れはとどまっている。こっちも流れの中を頑張ってとどまりロウニンアジ見学。群れが散ったかと思って再びドリフト開始。すると前から根沿いにロウニンアジの大行進。隊列組んでどんどんやって来る。最後にマンタも飛び出してフィニッシュ。


(さらに…)

2007年7月29日~8月2日

2007年8月2日(木)

7/29/07
新しい1週間の始まり。天気は晴れ。流れ無し。水温28℃。
とっても穏やかなコンディション。のんびり砂地でガーデンイール。
チークドパイプフィッシュにクダゴンベ見て。浅瀬に帰ると4枚のモブラが編隊飛行。斜面の一番上からスロープ沿いに急降下を繰り返す。
朝ご飯を食べて2本目。ここでも流れも無く穏やか。待つ事も無くマンタ4枚。根に取り付いて観察してるとだんだん数を増やして8枚のマンタが行ったり来たり。
次は南マーレに下って、イソマグロのハンティング待ちと思ったらここでも流れが無い。根沿いに泳いではいるけどハンティングは見られなかった。
夜は満月で気持ちよかったので、みんなでサンデッキに上がって月見座談会。
とても明るく輝く月に明日のジンベイとの出会いを祈る。


(さらに…)

現地スタッフからの声 

2007年7月31日(火)

2007年7月31日 ラパス・現地スタッフからの声

ラパスの海は大物というイメージが強いのですが、実はマクロも面白い!
特にコルテス海固有のハゼやギンポ系は沢山いるので、マクロレンズで是非写真に収めてほしいと思います。
日本人に是非見てほしいのはやはりデカジョーです。こぶし大のこのジョーフィッシュは、実はラパスではあまり珍しくありません。
今卵を持っている個体が数匹いて、当社スタッフは生態を観察中です。
3本目に潜る浅場のポイントにいるので、皆さんもじっくり観察してください。
思う存分写真に納めたい人は、キャンプがおすすめです。街に戻る時間を気にしなくていいので、ゆっくりダイビングが出来、じっくり写真を撮ることができます。
Baja Paradise のオリジナルポイントでは、確実にデカジョーを見る事ができます!
最近レイーナやエルバホにジンベイが出ています。
今年もジンベイ期待したいですね。



Baja Paradise 石田貴子

2007年7月5日 ラパス・現地スタッフからの声
ラパスの海はダイビングのシーズンに入り、続々とダイバーが訪れています。
今年は水温の上昇が少し遅いため、7月のダイビングはインナーやフードベストをお持ちになることをお勧めいたします。
水温が低いので、ハンマーに出会あう確立が高いです。

アシカのコロニーでは出産が始まり、お母さんアシカと赤ちゃんの姿を見ることができます。お父さんアシカは子供たちを守るための警戒が厳しく、水中では何度も威嚇してきます。今年生まれた赤ちゃんたちは9月中旬から海に入りはじめますので、アシカの赤ちゃんと泳ぎたい人はこの時期がベストシーズンです。


このところ、コビレゴンドウクジラを毎日見ています。数日前はシャチの群れにも会いました。この時期イカが沢山いるので、イカを食べる歯クジラたちが集まってきているようです。マッコウクジラにも会えるのではないかと、ダイビングポイントへ行く道中気が抜けません。ラパスの海はダイビングだけでなく、船の上でも楽しめる海です。

Baja Paradise 石田貴子


2007年7月22日~27日

2007年7月21日(土)

7/22/07
お客さんも入れ替わり新たに旅が始まる。でも、昨夜の飛行機は遅れに遅れて皆さんが船に到着したのは午前0:30。今日はスケジュールを1時間遅らせてスタート。
しっかり晴れて一安心。1本目では10匹以上のモブラの群れが通り過ぎ、その後も2匹くらいづつ行ったり来たり。岩場で見つけたcheeked Pipefishは拡大してみるときれいな柄が入ってる。

2本目では沈船でカエルアンコウ探しが空振りに終わり、根に帰ろうと思ったら紫のバブルコーラルシュリンプ発見。根に帰ればイソマグロ、カスミアジ、ロウニンアジがうろうろしてる。ハンティングに期待してしばらく眺めていたけど、何もなさそうだから船に戻ろうとターンして泳いでいると。ブンって音と振動。小魚がいっせいに逃げる音、振り向き、見回し発見。一気に根に向かって突っ込んで来たのは巨大なイソマグロ。人よりでかい。太さも迫力満点。僕とお客さんとの間に入って来てお客さんをグルッと一回り。

3本目でもカスミやロウニンの群れに遭遇。濁っていた水もアウトサイドに出るとすっと視界が開け、気持ちいい。水温も1度だけ下がった。27度。大きなスティングレイが海底で昼寝。近寄ってもびくともしない。
夕方には一時信じられない程、天気が急変して豪雨、強風。ほんの20分程で回復、ほっ。


(さらに…)

2007年7月15日~20日

2007年7月20日(金)

7/15/07
あー!最悪の天気だ。昨夜から続く嵐のような雨と風。やんだり降ったりしてたけど、結局朝になっても雨と強雨風は繰り返しやってくる。お客さんはがっかりだな。しかも、1本目で既にポイント変更する程の波と風。
でも、大きなマンタが登場。みんなの上をぐるぐる回って行ったり来たり。まんざら悪天候ポイントチェンジも悪くなかったかも。でも、ガイドのマウルーフさんは1匹しかいないのに満足できず。
2本目もマンタ狙い。今度は4枚大きいのが4枚。
なんとか大きな波をかいくぐり無事に南マーレに到着。ものすごく揺れたけど、キッチンもガチャガチャ大きな音がしてたけど、おいしい晩ご飯も無事出てきたし。
とりあえず一日目、無事終了。


(さらに…)

ニューギニ・ダイブ・アドベンチャーズ

2007年6月17日(日)

2007年6月17日
ニューギニ・ダイブ・アドベンチャーズ YAYOIさんからのレポート
6月に入りましたマダンです。
とうとうベストシーズンの到来です。
もー待ってました。と言う感じですが、海の方はというと、今日現在はまだたまに、雨季の名残のような雨が降ってしまったり、最強!!な日があったりと、ちょっと気候が落ち着かない日々がつづいています。ただ、雨季の時期の魚影の濃さが残っているので、晴れた日のダイビングは最高です。

今日はバラクーダポイントで、たぶん1000匹以上のバラクーダー が、ずーっと私達の目の前で、目が回らないの?と言うくらい回ってまし た。20分以上はだたぼーっとその群れをみんなで眺めてました。お客様たちも写真撮り放題で、上がってから、プロのカメラマンみた い!なんていってました。(そりゃあんなにまじかにすーっといたら、カ メラさえ持ってれば誰でも撮れるのでは?と思ったけど言いませんが、、、、)

先週はマリンダイビングと言う雑誌の取材の方々がいらしてたのです が、雨にやられ、たのむー!!と願いながら、なんとか最終日に銀バラの群れが出てくれたので、良かったのですが、あんなに苦労したのが、うそのようでした。

まー1週間潜って頂ければ、外すことはないということですね。ということで、マリンダイビング9月号はマダンは特集で出ますので、苦労の成果をぜひ見て下さいね。8月ごろには出ると思います。そしてその頃は、風も収まり、最高のシーズンに入っているはずですから!ぜひ遊びに来て下さいな。



MARCO POLO DIVE CRUISE REPORT (2007年10月6日~10日)

2007年6月10日(日)

■ 10月6日 クルーズ前日
今年第2回目のクルーズがスタートです。
今回は9人のメンバーとともにダイビングです。
港の景色を楽しみつつ、マルコポーロで一泊です。

(さらに…)

トゥバタハリーフ ダイブサファリツアーレポート

2007年5月4日(金)

4/30
Red cllif チェックダイブ
プエルトプリンセサの港すぐの内湾のポイント。ジョーフィッシュが小指大から拳大まで揃うマクロウォッチングに最適な面白いポイント。水深は深くても 10mほど。サンゴも多く、チェックダイブのポイントとしては非常に面白かった。エキジット後に夕食を取り、船はゆっくりとトゥバタハリーフへ向かった。

(さらに…)

NOVIA MIA DIVE CRUISE REPORT (2006年10月7日~11日)

2006年10月11日(水)

■ 10月7日
ラ・パスの夜、マリーナに到着して桟橋を歩いていくと、目前に2本のマストを夜空に突き出している帆船風ボートのノビア・ミア号が登場し、その美しい外見に思わず歓声があがります。客室に入ると、タオルなどのアメニティと一緒に帽子(キャップ)とクルーズの記念品のペリカンの置物が私たちを待っています。ノビア・ミアとは「私の恋人」という意味だということで、なんだか、映画のような夢の世界に潜り込んだ気がします。
 ダイニング・デッキのテーブルに登場した夕食は、メキシコ風に炒めたエビやサラダで、ビールを飲みながらクルーズ仲間と楽しくおしゃべりをします。ラ・パスの海って、どんな感じなのかしら?と期待に胸を膨らませながら眠りにつきます。
(さらに…)

FIESTA DIVE CRUISE REPORT (2006年9月23日~27日)

2006年9月27日(水)

■ 9月23日

ラ・パスの夜のマリーナで、私たちを迎えてくれたのは3階建てのフィエスタ号。
これから数日間生活を共にする人たちとビールを飲みながらダイニングでおしゃべりをし、ラ・パスの海を夢見ながら、眠りにつきます。
(さらに…)

CATEGORY

MONTHLY ARCHIVE

ページ先頭へ